NBA

2017年4月16日 (日)

2016-2017プレイオフが始まりました

NBA2016-2017シーズンのプレイオフが始まりました。

ウォリアーズはデュラントの怪我で第1シードが危ぶまれましたが、後半連勝を伸ばし第1シードを獲得しました。

ウォリアーズは第8シードのポートランドと対戦します。リラードのクラッチシュートは恐ろしいですが、総合力で勝っているので初戦は突破できると思います。

プレイオフのマッチアップ、イースタンは

1.セルティクス-8.ブルズ
2.キャブス-7.ペイサーズ
3.ラプターズ-6.バックス
4.ウィザーズ-5.ホークス

第1シードはボストンになりましたが、イースタンは昨年優勝のキャブスがやっぱり最有力だと思います。
大穴はバックスかな?アンテトクンポの活躍が鍵を握っています。

ウェスタンは、

1.ウォリアーズ-8.ブレイザーズ
2.スパーズ-7.グリズリーズ
3.ロケッツ-6.サンダー
4.クリッパーズ-5.ジャズ

ウェスタンは何もなければウォリアーズだと思います。何かとは主力の怪我とかグリーンのファウルとか主力メンバーが欠けると難しくなるかなって思います。
対抗は安定しているスパーズなのかな?ロケッツとサンダーの勝者が勢いで勝ち上がってくることも予想できます。
ウォリアーズはジャズが苦手なので、ジャズが勝ち上がってくると面白くなるかもしれません。

恒例の優勝予想は、もちろんウォリアーズです。相手はキャブスなのかな?3年連続でマンネリ化しちゃいますけど。
昨年は連覇目前でグリーンの出場停止がかなり効きました。
恐らくこのオールスター4人のメンバーでのチームは今回で最後だと感じています。
圧倒的な強さでファイナルを制覇して欲しいです。

1seed_1280x720


| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年1月22日 (日)

オールスターの先発が決まりました

NBAオールスターの先発が決まりました。

ウェスタンはバックコートがステフと髭、フロントコートがKD・レナードと眉毛で、イースタンのバックコートはカイリーとデローザン、フロントコートがKINGとヤニス、ジミーバトラーでした。

ウェスタンは絶好調のウェストブルックが外れるくらいバックコート勢は超激戦、控えに入るのも大変そう。クレイは今年出られるかな?
イースタンはがらっとメンバーが入れ替わった感じがします。
お気に入りのヤニス・アンテコクンポもスターターで登場です。

シーズンは半分終わり、ウォリアーズ仕上がってきたなって感じです。
もう負けないかもしれません。
プレイオフは確実なので、若い控え選手のプレイ時間を長くして経験を積ませたほうがいいと思います。

オールスター直後に大きなトレードがいつもあります。
今年はあるかも・・・。ディフェンス向上のために・・・。

2017allstar_currydurant_1280x720_0

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2016年12月30日 (金)

お久しぶりです。

お久しぶりです。

私の住んでいる北海道の十勝では、大型台風の爪痕が大きく残り、災害復旧の対応でお盆から休日返上で仕事をしていたので、更新が遅くなってしまいました。

正月休みに入り、少し時間をとることができたので久しぶりにブログ更新をしようと思いました。

ウォリアーズはオフにデュラント・ウェスト・パチュリア・マギーを獲得して、その代わりにバーンズ・ボガット・エジーリ・スペイツ・バルボサを放出しました。

デュラントが入り4人のオールスターがスタメンで揃うという、前代未聞のラインナップで2016-2017シーズンが始まりましたが、開幕戦でいきなりホームでスパーズに大敗して、ディフェンスの不安を浮き彫りにしてしまいました。
ディフェンスへの課題やベンチ層の薄さはシーズンが始まる前から言われていたことで、大きな攻守のシステムの変更の対応にはまだまだ時間がかかりそうだなって思いました。

ベンチ層が薄くなったところで、若い選手にチャンスが出てきていて、今シーズンはガードのイアン・クラークが大きく伸びそうな予感がしています。

ウォリアーズの話ではないのですが、バーンズとボガットが移籍したマブスが調子が悪いことが気になります。
エースとして期待されて移籍したバーンズですが、なかなか結果がついてこなくて気の毒だなって思います。これからの挽回を期待します。

オールスターの投票が始まっています。
自分が投票しなくても絶対大丈夫なんだろうなって気がしますが投票はしようと思います。

Gs_161230


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年7月 5日 (火)

デュラントがFAでウォリアーズに。

今日のスポーツニュースの記事を見て、激震が走りました。
「デュラント、ウォリアーズへFA」
正直、デュラントが優勝するための近道だったんだと思います。
ウォリアーズで優勝してから、サンダーに戻って優勝を狙うつもりなんでしょうか?
あまりこの大物加入は、嬉しくないんです。
NBAにはサラリーキャップがあるから、ステフの2倍の給料をもらっているデュラントがいるだけで、「数の力」で勝ってきた仲間たちを出さなくてはいけなくなる。
すでに今日の時点で、バーンズとボガットがマブスに行くことになったようだ。
でも、来シーズンが楽しみです。
うまくいくのか、うまくいかないのか、どっちなのかすごく興味があります。
バーンズに対し破格の金額を提示してきたマブス。スーパースターになる素質を持ちながら、勝つために地味なことでも一生懸命やる彼の真面目なところがとても気に入っていました。
きっと、どうしても欲しい選手だったんだと思います。新天地ではエースとして頑張って欲しいです。
 
 
 
 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2016年6月21日 (火)

キャブスが初優勝!

NBA FINALの第7戦は熱戦となり、キャブスがウォリアーズを逆転勝利して初優勝しました。
ファイナルで1勝3敗から逆転したのは初めてのことで、裏を返せば3勝1敗から優勝を逃したのもウォリアーズが初めてということになります。
全ての転機は第5戦のドレイモンド・グリーンがフレグラント・ファウルで出場停止になったところから始まっているような気がします。4戦目の段階で出場停止が分かっていたなら、少しは状況も違っていたかもしれません。
選手もファンもこの現実を受け入れることができないと思います。
3勝1敗の時は、連覇へのカウントダウンを当たり前のように待っていました。
キャブスの選手たちが、ウォリアーズの選手たちより優勝に飢えていたんだと思います。
強いウォリアーズに勝ったキャブスに「優勝おめでとう!」と送ります。
これで、私のNBA2015-2016が終了しました。
楽しいシーズンでした。ありがとうございました。
2016nbachampionssplash
 
 

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2016年6月18日 (土)

FINAL5戦・6戦

第5戦、3勝1敗でホームに乗り込んだウォリアーズでしたが、試合ギリギリでグリーンのフレグラントファウルの結果が発表され、対策もないままグリーン抜きで試合が始まったこともあり、流れを掴めないまま試合が進み、守備の要であるボガットが膝を故障したことで、一気にキャブスに試合を持ってかれてしまいました。
敵地で第6戦、フレグラントファウルの処分で出場停止だったグリーンが戻ったが、前の試合に膝を痛めたボガットはもうプレイオフには出場できなくなってしまった。
昨年のプレイオフを決めたスモールラインナップで始めたが、第1Qは11-31と屈辱的な点差をつけられキャブスの優勢が続く中、ステフがファウルトラブルを連発する。
プレイオフではジャッジに偏りがつかないのだが、この試合では若干ステフに対するジャッジが厳しく感じた。得点差が一桁に縮まってこれからというところで、ステフが痛恨のファウルアウト。そのあと審判を暴言を吐いてテクニカルファウルを取られ、チームも失速し3勝3敗のイーブンになってしまいました。
6戦はなんかキャブスとではなく審判と戦っているような感じでした。
7戦はホームに戻って優位な状況だけど、ボガットがいない、IGGYも腰の状態が良くないと、ディフェンスが機能しない恐れがある。それよりも6戦目の嫌な負け方を引きずらないでいつものようなチームオフェンスを見せてもらいたい。そう願います。
WE BELIVE!
Steph_160617

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年6月12日 (日)

ファイナル 3戦4戦

NBAファイナル 3戦4戦。
3戦目は、ウォリアーズは何もかもうまくいかず、逆にキャブスはホームコートアドバンテイジが効いて、1・2戦調子が上がらなかったアービング・JRが奮起し、30点差で大敗。
4戦目は、今シリーズ一番白熱したゲームになりました。最後まで勝負の行方が分かりませんでしたが、ファイナル最多の17本のスリーポイントを沈めたウォリアーズが勝ち、連覇にリーチをかけました。
次はウォリアーズのホームなので、一気に決めてほしいです。
でも、まだウォリアーズの試合が見たいけど。次の試合で決めてほしい!
Splash_160612

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2016年6月 4日 (土)

2015-2016ファイナル 第1戦

2015-2016ファイナルは昨年と同じ組み合わせになりました。
キャブスはアービング・JR・レブロン・ラブ・トンプソンのスモールラインナップ、ウォリアーズは、いつものスターティングラインナップで始まりました。
序盤はホームのウォリアーズが優勢に試合を進めていき、52-43でリードし折り返す。
3Qにウォリアーズは同点に追いつかれるが、リビングストンやバルボサといった控えの選手の活躍があり、再びリードを奪った。
最後はキャブスの執拗なディフェンスに受け調子に乗れなかったスプラッシュブラザーズの連続3Pが決まり、大事な初戦をものにしました。
やっぱり、ウォリアーズはディフェンスが素晴らしいと改めて思いました。
サンダー戦がかなり激しかったので、ちょっと物足りない気がしました。
Shaun_160603

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年5月31日 (火)

2年連続ファイナルへ

ウォリアーズ、サンダーとの激戦に勝利して、2年連続のファイナルに進出しました!
1勝3敗の時は崖っぷちでしたが、見事逆転勝利でファイナルへ弾みをつけることができたと思います。
1勝3敗から逆転したケースは3%しかないそうで、またここでも粘り強さを証明できたと思います。
私はBSで試合を見ているので、試合観戦はこれからなんです。(夜の1時くらいから)
録画したのを明日見ます。結果を知っていても意外と楽しめるもんです。
ファイナルは昨年と同じカードでレブロンが率いるキャブスとの決戦となりました。
昨年と大きく違うのは、キャブスは健康体であり、チームカラーも監督が代わったことで、アップテンポな試合運びになりました。
個人的には昨年のデビッド・ブラッド監督だったころのチームカラーの方が強く感じます。
インサイドにモズコフとトリスタン・トンプソンがどっしりと構えている布陣の方がウォリアーズ・ファンからすると、攻めにくそうだなって思います。
昨年は最後レブロンのガス欠のような感じで、ウォリアーズが圧勝しましたが、今年はノーガードの打ち合いのような試合展開が期待できそうで楽しみです。
Steph_160531

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2016年5月28日 (土)

カンファレンスファイナル第5戦

カンファレンスファイナル第5戦。ウォリアーズはホームで勝利して、対戦成績を2-3にしました。
次はサンダーのホームでの試合で、敗れればファイナルの夢が消えてしまいます。

個人的には3戦4戦目のウォリアーズの出来は、「らしくない」し、サンダーの出来は「予想以上」のような気がします。
ウォリアーズの「らしくない」のは、ドレイモンド・グリーンを中心としたディフェンス力で、ほぼ崩壊に近いと思う。同じチームにここまで大差をつけられて連敗したのは初めてのことだと思う。
サンダーの「予想以上」は、ウォリアーズが一気にペースを握られるシーンというのは、サンダーがアダムスを下げてウェイタースを入れた時になる「スモールラインナップ」とのマッチアップのときが多い。
サンダーはこの「スモールラインナップ」を別の試合でも試みているが、いずれも機能していない。でもスモールラインナップではリーグ屈指と言われているウォリアーズが苦戦しているのは、イバカの存在とウェイタースとロバーソンのアウトサイドのシュートが好調だからだと思う。スモールラインナップになってもリバウンドは取られてしまうし、速攻も出されてしまう。今までウォリアーズが他のチームにやっていたことをやられている感じがする。
第6戦はのカギはあまりマークの厳しくないウェイタースとロバーソンの調子だと思う。
第5戦のウォリアーズのホームでは、活躍は平凡でした。
サンダーの選手は大舞台の経験が少ない分、第6戦はウォリアーズのペースになりそうだと個人的には思います。ただ昨年のウォリアーズは今のサンダーと同じなので、これを乗り切ることができたならファイナルでキャブスに勝てると思う。
多分、ファイナル以上の期待が込められた第6戦は、名勝負になると思います。
Steph_160528

| | コメント (12) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

FIBA2010 | ウォリアーズ | ゲーム | スポーツ | 音楽 | NBA