« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月24日 (月)

ダンカン・ジノビリ欠くスパーズに破れる

ちょっと遅い更新になってしまいましたが、ホームでスパーズに破れてしまいました。

前回はダンカン・パーカー・ジノビリが欠場の中での敗戦、今回もダンカンとジノビリが欠場で敗戦と、主力が出てなくてもウォリアーズはスパーズに勝てない。

もしかすると、ウォリアーズの攻守交代の多い試合にはベテランを出さない方が良策と判断しているのかもしれません。

またすぐスパーズと対戦があります。全敗はどうしても避けたい。
分かっていても、難しい課題なのかもしれません。

昨期のプレイオフではそんなに差は感じられなかったんですが・・・。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014年3月20日 (木)

イグダラとボガットがいなくてもマジックに圧勝

久しぶりの更新です。

その間にブレイザーズに勝ちました。
あともう少しで追い抜けそうな位置にいます。

今日はイグダラとボガットが試合に出ませんでしたが、マジックに快勝しました。
確実にベンチ層が厚くなってきてます。

今年の目標50勝まで残り13試合で7勝と、達成可能な感じがします。

プレイオフでスパーズに勝って、新しい時代を築きあげて欲しいなって思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 9日 (日)

3連勝中

ウォリアーズ、現在3連勝中で好調を持続しています。

ロード6連戦を4勝2敗で勝ち越しし、中でもペイサーズ戦に勝てたのは大きいと思います。

ペイサーズ戦はBSで放送があったので試合を見ることができたのですが、駆け引きが面白かったです。
勝負をかけた4Qの終盤にペイサーズはエースのポール・ジョージをステフにつけ、パスの起点を潰しに行き、ステフはターンオーバーを連発しペーサーズに追いつかれたんですが、最後の勝ち越しのシュートをミスマッチをついてクレイが決めてウォリアーズが接戦をものにしました。
全体を通して、リーグ最強のペイサーズのインサイドの得点を封じ込めることができ、ウォリアーズは目立ってはいないがインサイドが強いんだと確信しました。
ボガットとオニールが守備に徹しているのが要因なんだと思います。

先日のホークス戦でクレイが試合中に頭(背中)?を強打してベンチに下がる映像を見ました。
ここ数試合クレイのシュートタッチがいいので、欠場は痛いです。

次の試合はサンズ戦。POを争う相手だけに勝負の行方が気になります。

Klay140309

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月 1日 (土)

ステフがトリプルダブル!MSGでニックスに快勝!

オールスターが明けてから、ボガットとリーが試合に欠場する事が多い中、チームは好調を持続している。

その好調を支えているのが、ベテランのオニールと2年目のグリーンの活躍ではないかと思います。

ジャクソン監督曰く、「オニールは言葉ではなく、行動で証明している。」と話している。
オニールは怪我や年齢的に今シーズンがラストかもしれない。なので今シーズンにかける意気込み他の選手とは違うのかもしれません。

グリーンは器用でバスケットIQの高い選手なんだけど、正ポジションを取るにはその器用さが裏目に出てなかなか出場時間を与えられなかったが、ボガットとリーの欠場により出場時間が増え、自分の存在感をアピールすることに成功していると思います。

今日のニックス戦ですが、ステフが3Qの途中でトリプルダブルを達成し、チームも126-103の大差で勝利し、厳しいロード連戦で大事な勝利をあげた。

スティーブ・ブレイクとの交換トレードでレイカーズに行ったケント・バゼモア選手ですが、レイカーズで大活躍していてとても嬉しいです。
今ではスタメンで3試合中2試合がリーディングスコアラーとコービー不在のレイカーズにとって頼もしい限りだと思います。

Steph140301

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »