« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月30日 (土)

健闘むなしくOTで連敗。

ロードでのマブスとサンダー戦。
マブスは昨年プレイオフを逃し、チームの再建を行い、ホセ・カルデロンとモンティ・エリスを獲得した。このバックコートはかなり強力だと思う。
試合はマブスがノビツキーのシュートで3Qまでに20得点近い点差をつけてリードし、ウォリアーズも後半粘って4点差まで追い上げたが敗戦。

今日のサンダー戦は、前回の殊勲者のイグダーラが欠場したが、代わりのバーンズが活躍し、4Qで同点に追いつきOTに突入した。OTも一進一退の攻防で、バーンズのリバースレイアップでリードし守りきれば勝利を手にすることができたが、残り0.1秒でウェストブルックの3Pが無情にもブザービーターとなり、悔しい連敗となりました。

サンダー戦はドラマチックな終わり方が続いていて、見ている方はスリリングで楽しいのですが、選手は大変なんだろうなって思います。サンダーは強いのですがやっぱりウォリアーズとそんなに差がないように感じます。プレイオフで対戦したら面白そうだなって思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月27日 (水)

久しぶりの勝利

ペリカンズとの対戦。
今年からホーネッツからペリカンズにチーム名を変更したニューオリンズ。
どうもペリカンって攻撃的なイメージがないのでどうなんでしょう?

ウォリアーズは主力を怪我で欠き、3連敗中であまりいい調子とはいえない。

試合は今日もイグダーラが欠場、そしてセンターのボガットも欠場(前回の試合でテクニカルファールを受けたから?)、センターには怪我から復帰したジャーメイン・オニールが初スタメンで登場した。
前半はウォリアーズがリードしていたが、4Qに追いつかれ嫌な雰囲気になったが、クレイが3ポイントを決め、102-101の接戦をウォリアーズはものにしました。

ウォリアーズは先発の5人が二桁得点をあげ、ステフは16得点8リバウンド9アシストとトリプルダブルに迫る活躍、そして久しぶりのスタメンのオニールが18点8リバウンドを記録し全盛期の時のような活躍をしました。

今日からロードが続くので、初戦を白星で飾れたので良かったと思います。

次はモンティのいるマブス。楽しみです。

Oneal131127

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年11月24日 (日)

3連敗・・・。

ステフが軽い脳震盪でグリズリーズ戦とレイカーズ戦を欠場しました。

グリズリーズは前の試合でトニー・アレンがクリス・ポールにキックして出場禁止なっており、両チームとも万全ではない形で勝負することになりました。
ステフの代わりにゲームを作るのはイグダーラ、バーンズがSFでスタメンに入った。
ゲームは得点の少ない試合になり、グリズリーズのペースで終盤まで行き、最後ウォリアーズは意地を見せ同点に追いつき、最後のシュートをイグダーラに託すが外しOTに突入した。
OTはコンリーの3Pで離され敗れてしまいました。

レイカーズ戦も同じスタメンで始まった。初戦のレイカーズ戦は大差で勝ったので、ステフ抜きでも大丈夫だと思っていたのですが、10点差の大敗を屈してしまいました。

今日のブレイザーズ戦からステフが復帰しました。しかしレイカーズ戦でイグダーラが足を負傷し、この試合は欠場した。
ブレイザーズはここまで9連勝中で正直ノーマークだったので、何が良いのか分かりませんが、昨年の新人王のリラードとオールドリッジ、バテゥムが活躍しているんだと思います。
ステフが戻り、ウォリアーズペースで試合は進んでいたが、最近多いボガットのテクニカルファウルで一気に流れがブレイザーズに変わり、逆転され10連勝を献上してしまいました。

3連敗中は怪我で主力を欠いており、長いシーズン全て同じスタメンで行けることはまずないので、バックアップ選手の強化が今後の課題になりそうです。

イグダーラの負傷が長引くかどうかも鍵を握っている気がします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年11月20日 (水)

ホームとアウェイでジャズに勝利。4連勝!

ジャズとの2連戦。

ウォリアーズはオフにジェファーソンとラッシュとビーエドリンスをジャズにトレードしたのですが、ラッシュは昨年からまだ怪我が治っていないのかベンチに座ったままでコートには出てこず、ビーエドリンスも怪我をしてこちらも試合には出られないようで、唯一試合に出られたのはベテランのジェファーソン、しかも開幕からずっとスタメンで出場しています。
ジャズは未だ調子に乗れず1勝10敗、昔ファイナルに出場した面影がちょっと見あたらない。

2試合ともカリーとクレイのスプラッシュ・ブラザーズが3ポイントを量産して、大差でウォリアーズは勝利したのですが、ジャズの元気のなさがちょっと気になります。

ホームの試合で、ジャーメイン・オニールが膝を痛め途中退場し故障者リストに入ってしまいました。今日の試合でも転倒したステフの頭にジャズのウィリアムスが乗っかり、ステフはそのままコートを去りました。
次のグリズリーズ戦に出場できればいいんですが・・・。

Steph131119

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年11月16日 (土)

イグダーラのブザービーターで劇的勝利!

サンダーとの試合。サンダーはウェストブルックが復帰してから好調で、やはり手強い相手だなって感じます。
デュラントも平均得点が30得点を超え、今年も得点王に一番近い選手なのかも知れません。

この試合は録画していたので、試合を見てから投稿しました。

前半はサンダーのウェストブルックのシュートが面白いように決まる。それに対しウォリアーズはステフとクレイのスマッシュ・ブラザーズが3ポイントを外さない。FGの確率がサンダーの方が高いのだが、なかなか点差が縮まらない。
デュラントにはエース・キラーのイギーがマッチアップし、デュラントはフラストレーションが貯まり、テクニカルファウルをとられるシーンもあった。
後半になり、ウォリアーズがウェストブルックがベンチに下がった時間帯に得点差を二桁に広げたが、4Q残り数秒にウェストブルックに3Pを決められ逆転されたが、イギーがブザービーターを決め、熱戦に勝利を飾った。

このような試合を続けていければ、目標の50勝は夢ではないなと思いました。
イグダーラの加入は大きいなって感じました。完全に裏方に徹してます。オープンの選手を見つけパスをさばき、自慢のディフェンス力でエースを封じる。
それと、見てる人が楽しめる試合を作れるようになったなって思いました。
ダンクや確率の高いスリーポイントが多いので、間違いなく盛り上がります。

オールスターの投票が始まったみたいです。(まだ日本語になってなかった・・・)
今年は3人くらい選ばれそうですね。

Iggy131116

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2013年11月13日 (水)

ピストンズを破り、未だホーム負けなし

スパーズ、グリズリーズに破れて連敗をしてしまったウォリアーズ、ディフェンスの良いチームがやはり苦手だなって印象を受けました。

ホームに帰りピストンズを迎えた試合、ピストンズは今シーズン良い補強をしました。
ガードに得点力があるジェニングス、フォワードにオールラウンダーのジョッシュ・スミスを獲得しました。優勝時のベテランガードのビラップスも戻ってきました。

試合はウォリアーズが今までの鬱憤を晴らすかのような、鮮やかなアシストの連発で序盤で大差をつけて、ピストンズを寄せ付けず勝ち、5勝3敗としました。

連敗して貯金が1しかなくなった時は、まずいなって思ったけど、今日のVTRを見る限り他のチームにはない一体感があるなって思いました。
次はサンダー戦。サンダーはウェストの強豪になったんだけど、ウォリアーズとの成績はどっこいどっこいで今回も楽しい試合になりそうです。
この試合はBSで放送するので今から楽しみです。

Steph131113

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年11月 9日 (土)

スパーズとのリベンジ戦

3勝1敗同士のウルブスとの対戦は、クレイが30点・リーが22点・イグダーラが20点と攻撃がかみ合い、ウルブスに勝ってカンファレンス同率首位をキープしました。
この試合でステフが、ウルブスのルビオと接触して、また足首をやってしまいました。
ここまで、好調を維持してきただけに後を引かなければと思います。

そして、今日のスパーズ戦。
カンファレンス・セミファイナルでは接戦で破れはしましたが、ウォリアーズの善戦が印象に残りました。
フルメンバーで勝負と思っていたのですがステフは大事をとって欠場、前の試合から戻ってきたバーンズが今期初のスタメン復帰しました。
ロースコアの展開、スパーズのペースでゲームは流れていき、ウォリアーズはリードを奪えずにいる。離されても新加入のトニー・ダグラスの3Pで諦めない。
4Qの終盤、同点に追いつくチャンスが何回かあったが失敗し、74-76とロースコアでワンゴール差で敗北しました。

得点で見ると差がないんだけど、スパーズは年齢層が高いのでコントロールしているようにも思える。ワンゴール差がなかなか詰まらないなって感じました。

ステフの欠場でスタメンには正PG不在で始まりましたが、映像を見れてないのでなんともいえませんが、イギーがゲームメイクしたのかな?
ダグラスをスタメンで起用できなかったのかなって、今となって思います。

次の試合期待しましょう。

Lee131107

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2013年11月 6日 (水)

好調のシクサーズを下し3勝目。

苦手なキングスを無難に退け、イーストで現在負けなしのシクサーズとの対戦。

チームを引っ張っているのが、マイケル・カーター・ウィリアムスという新人。
3人のスーパースターの名前が入っているところが凄い。(ジョーダンにビンスにジェイソン)
周りの人は彼をなんて呼ぶのでしょう?

試合の方は、以前シクサーズの一員だった(もう一人のAIと呼ばれていた)アンドレ・イグダーラが大活躍。3ポイントを7本沈め32得点。派手なアシストも決めました。
そして、ステフも自身初めてのトリプルダブルを達成しました。
結果はワンサイドゲームになり、ウォリアーズは3勝1敗でウェスタンで同率の首位に並びました。

とても順調すぎる滑り出しだと思います。

Steph131103

Iggy131105_2

Steph131105

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2013年11月 2日 (土)

2013-2014シーズン開幕です。

NBA2013-2014シーズン、始まりました!
待ち遠しかった事もあり、この日をずいぶん長く待たされた気分です。

ウォリアーズはプレシーズンは中国に来てレイカーズに連勝してチームの仕上がりが順調なことをアピールできました。
ただ、プレシーズンの終盤には大差リードを逆転負けされる試合が続き、詰めの甘さも課題となりました。

シーズン開幕の相手は、同じディビジョンのライバル、レイカーズ。
コービーの欠場、ハワード・ワールドピースの移籍と良い話題のなかったレイカーズ。ただ前日のクリッパーズ戦には驚くことに勝利している。

ウォリアーズはこの試合、バーンズが怪我で欠場している。オフの見所であったバーンズとクレイのスタメン争いは、今の所クレイになりそうです。
クレイは試合でも大活躍。スリーポイントを7本中5本決め38点を稼ぎゲームを常にウォリアーズペースの流れをキープし、30点以上の大量リードで開幕を飾ることができました。

クレイの活躍が目を引きますが、リーのインサイドの得点、イグダラのディフェンス、ステフのゲームメイクも安定していたと思います。

続いて、クリッパーズ戦。
今シーズンの頂上決戦になるかもしれない好カード。
クリッパーズは監督をボストンを優勝に導いたドク・リバースを迎え、ベテランの補強も充分に行えているので、今シーズンは本当に優勝狙えると思います。

試合は、派手なダンクありとても楽しい試合になりましたが、序盤の失点の多さが響いて連勝とはなりませんでした。
昨年はクリッパーズには相性が良かったので、まだ大丈夫なのかなって変な自信があります。

次はキングス戦ですが、クリッパーズとは逆にキングスには何故か苦手意識があるのではないかと感じています。
初戦が大事だと思うので是非勝って欲しいと思います。

ちょっとブログの更新が遅くなってしまって、たくさんのコメントをいただいていたのですが、この場を借りて、お礼の報告をします。

意外とウォリアーズのファンが多くて、びっくりしています。
みなさんと楽しい時間を共有出来ればと思っています。

Klay131101

Ja_intros2blog

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »