« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月30日 (日)

ホームでセルティックスに勝利。

ウォリアーズはホームにボストン・セルティックスを迎えてのゲーム。
ボストンは昨シーズンのプレイオフでカンファレンス・ファイナルまで行ったチームで、今シーズンはベテランシューターのレイ・アレンがライバルのヒートに行き、ビッグ3は崩れてしまったが、ベテランがチームを引っ張る安定したチーム力は今シーズンも健在と言えると思う。

今日の試合では、セルティックスは司令塔のロンドは試合に出場出来ないようで、ダラスから移籍したテリーがその代役を務めた。
序盤はセルティックスのエース、ピアースが不調でウォリアーズがペースを掴み、カリー、クレイ、ジャックの長距離が確立高く成功して快勝した。

次はパシフィックの頂上決戦、クリッパーズとの対戦。
前回は勝っているので、苦手意識はないはず・・・。

Steph121230

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月29日 (土)

シクサーズに勝って20勝到達!

ウォリアーズ調子が全然衰えず、シクサーズに勝って20勝(10敗)に到達しました。
パシフィック・ディビジョンではクリッパーズに次いでの早さになります。

最近負けた試合はいずれも接戦で、勝ってもおかしくない内容だったので、強さは「本物」と言ってもいいのではないでしょうか?

ウォリアーズの好調の要因はステファン・カリーの成長が大きいとメディアは取り上げています。足首の手術の後遺症がなくなり、足に不安が無くなった事で本来の力を出せるようになったのが良い結果に結びついているようです。
あまりクローズアップされていませんが、デビッド・リーの動きがかなり良いと私は思います。
得点・リバウンドといった自分の仕事はもちろんこなす一方、今年はアシストが非常に多く見受けられる。ステフの影響なのかビハインドパスを良い場面で見せることがある。

強豪ひしめくウェスタン・カンファレンスで現在5位。プレイオフに出られるのは8位まで。
8位内に優勝候補のレイカーズが入っていないのが非常に不気味だ。

Lee121229

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 8日 (土)

アウェイでブルックリンに勝つ!

アウェイでのブルックリン・ネッツ戦は、3Qにステフとリーの活躍で逆転し、そのまま逃げ切り12勝7敗とまだ好調を持続している。

ブルックリン出身のマーク・ジャクソン監督は、今日のブルックリンでのネッツとの試合は落としたくないと選手に話していたそうだ。

ブルックリン・ネッツはかなり良い補強をしたなって思います。
ホークスからジョー・ジョンソン、ブレイザーズからジェラルド・ウォレスを迎え、控えにはブルズからCJワトソンまで入るとはなかなか良いタレントが揃っています。
怪我をして今日の試合は出てなかったけど、センターのロペスもNBAを代表するセンターに成長してきました。
ユニフォームはイマイチだけど、今年のネッツはイーストのダークホースだと思います。

Steph121208

Lee121208

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年12月 2日 (日)

調子いいね。3連勝!

今日のペイサーズ戦、控えのジャックの活躍で3連勝。10勝6敗としました。

ウォリアーズはレイカーズやクリッパーズのようにスーパースター選手がおらず、今年はエリスやライトが抜け攻撃面でも不安があったのにも関わらず、好調を持続しています。
どうしてそんなに勝てるのか正直謎です。

まだシーズンは始まったばかりなので、気を引き締めて頑張って欲しいです。

Jack121202

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »