« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

ファイナルはレイカーズ対セルティックス

Bos34 2009-2010シーズンのプレイオフファイナルはイーストがボストン・セルティックス、ウェストがLAレイカーズが勝ち上がりました。

個人的に応援していたマジック、ナッシュ率いるサンズは健闘空しく敗れてしまいました。特に圧倒的な破壊力を見せていたマジックがセルティックスにあんなに一方的に敗れるとは予想外で、ファイナルでレイカーズ相手にどのような試合をするか楽しみです。

BSでファイナルの予想をしてましたが、自分もほぼ同じでセルティックスはPGのロンドのゲーム支配力、レイカーズはオドムのオールラウンダーとしての活躍がキーとして上げていました。(私はレイカーズのポイントはピアスとマッチアップするアーテストのディフェンスだと思いますが・・・)

レイカーズは3年前、ファイナルを同じ顔合わせで敗れており、ボストンを倒して優勝しリベンジを果たす目標があります。この意識がレイカーズを奮起させ優勝させるような気がします。

地元では因縁のボストン対LAですごく盛り上がっているようです。

Lal

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

マジック危うし!

Barns_pirce カンファレンスファイナルで大変な事が起こってます。

優勝候補のマジックがセルティックス相手に、王手を掛けられています。しかも、いずれも一方的な勝負だっただけにファイナルどころか、カンファレンスファイナルで姿を消すことになるかも知れません。

今日の試合はかろうじてオーバータイムで勝ちましたが、あと3連勝できるでしょうか?

キャブスは、ロンドに試合を支配され破れました。マジックも今のところロンドにやられてます。しかも、ピアスの調子が戻って来てるのが厄介です。マジックの鍵を握っているのはハワードとネルソンで、気持ちをコントロール出来なければ、そこで終わってしまうような気がします。

ウェスタンのレイカーズとサンズの対決はお互いホームで勝ち、2対1で今のところレイカーズが優位に立っています。

3戦目の4Qにナッシュがフィッシャーと衝突し鼻を骨折。自分で折れた鼻を戻し試合に復帰、そして勝利をもたらしたそうです。

ナッシュと言う男は、見た感じは弱々しいですが、スパーズ戦で目を腫らしながらチームを引っ張ったり、今回も骨折をしても弱音を吐かない精神力の強いプレーヤーだと関心しました。

09-10プレイオフは不屈の魂ナッシュを応援したいと思います。

ちなみにアップしている写真はPSPの壁紙になります。

Nash_jordan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

サンズ・レイカーズ・マジックが勝ち上がる。

Magic_2 プレイオフのセミファイナルは、サンズがスパーズ、レイカーズがジャズをスウィープしてカンファレンスファイナルに駒を進めました。

イーストは圧倒的な強さでマジックがホークスをスウィープして、カンファレンスファイナルに駒を進め、対戦相手がキャブスとセルティックスの勝者となります。

1位シードのキャブスですが、セルティックスに先に3勝され、王手を掛けられ昨年のリベンジを果たすのに黄信号が点滅しています。

プレイオフに入ってからセルティックスのレイジョン・ロンドが絶好調で、手を焼いている見たいです。

個人的にはキャブスとマジックのカンファレンスファイナルが見たいですが、ボストンはベテラン揃いなのでそう簡単には負けないでしょう。 Nash_2

ウェスタンは両チーム共、ウォリアーズと同じパシフィックディビジョンのチームの対決になりました。Kobe_2

サンズはスパーズ戦でナッシュがダンカンのエルボを目にくらいかなり腫れています。視界が狭くなり試合に影響が出ると思います。

レイカーズが勝つと思いますが、ナッシュの気持ちに答えれるようにサンズにも頑張って欲しいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

2009-2010シーズンのベストルーキー賞はキングスのエバンスが受賞!

Evans100501_2 プレイオフの熱戦が繰り広げられている最中、今シーズンのベストルーキー賞の発表がありました。

受賞したのは、キングスのタイリーク・エバンスでウォリアーズのステフは惜しくも2位でした。

エバンスはルーキーで唯一平均得点が20得点以上をあげ、更に5リバウンド・5アシスト以上を記録しました。ルーキーでは20得点・5リバウンド・5アシスト以上を記録したのは、オスカー・ロバートソン、マイケル・ジョーダン、レブロン・ジェームスしかいないので、エバンスはその名選手と同じように語り継がれる選手の仲間入りをしたことになります。

ステフは後半はエバンス以上に活躍していたのですが、もう一歩届かなかったようです。

チームをプレイオフに導いたブランドン・ジェニングスも得票が思ったより伸びなかったみたいです。

来シーズンは、ルーキーのガード3人の活躍に期待が持てそうです。

プレイオフですが、早々とナゲッツがジャズに敗れてしまい、ウェスタンの予想が外れてしまいました。

イースタンはマジックが強いです。勢いがあります。この調子で突き進んで欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »