« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月27日 (土)

ウォリアーズ、ドラフトでPGを獲得

レイカーズの圧勝で終わった08-09シーズンでしたが、打倒レイカーズに向けて、各チームは補強に入っているようです。

スパーズはボーエンとトーマスといったおじさんプレーヤーをバックスに出し、得点の期待できるジェファーソンを獲得。

キャブスとサンズはシャックとベンを含むトレードを実施しました。チームは変わりましたが、レイカーズとピストンズがファイナルで対戦したときに、「ハック・ア・シャック」、「ハック・ア・ベン」といってFTの確率の悪いシャックとベンに故意にファウルをしてフリースローの回数を増やす作戦がありました。お互いもうおじさんなので、縁の下の力持ちでチームに貢献してほしいと思います。

惜しくも優勝を逃したマジックは、ネッツからヴィンス・カーターをトレードで獲得しました。MPとポジションが被るので09-10シーズンも控え出場が濃厚です。

我がウォリアーズですが、何かと話題の多かったクロフォードがホークスにトレードされました。見返りにAC・ローと元ウォリアーズのスピーディー・クラクストンを得ました。クロフォードの放出が吉と出るか凶と出るかは分かりませんが、ウォリアーズの欠点であるPGの力量不足をどうやってカバーしていくかが今年も課題になりそうです。

Curry090626 先日行われたドラフトですが、ウォリアーズは7位のガード、ステファン・カリーを選出しました。カリーは見た目は小さく細くモンティのようです。ただ得点能力やバスケIQが高く、PG不在のウォリアーズにとってピッタリはまる選手ではないかと感じました。5位でウルブスが獲得したスペインのルビオに並ぶ今年1・2を競うガードのようです。

また、ウォリアーズは崩壊寸前のサンズからスタウダマイアの獲得を考えているようです。得点の取れる選手はもういらないので、正直今のままでいいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »