« 再び同率8位へ! | トップページ | 2007-2008の最後の試合 »

2008年4月15日 (火)

激戦区の敗北者となったウォリアーズ

サンズのホームでプレイオフ進出を賭けた大事な一戦!

昨日、ナゲッツがロケッツに勝っているので、ウォリアーズがプレイオフに進出するには、残りの2試合全勝し、かつナゲッツが最後の試合に負けなければ、キップが手に入らない状況だった。しかし、ナゲッツが昨日勝利した時点で、最終戦がグリズリーズ戦でかなりの確率での進出を手中に収めたのも間違いない。

目の前に立ちはだかるサンズ、今年はシャックが入り色々とメディアは批判を言っていたが「打倒スパーズ」の準備は整っているように感じる。

試合の方は、前半はサンズリードで折り返し、3Qにジャクソンの3P等で逆転に成功。しかし4Qにバルボサの3Pやアマレの効果的な得点で逆転を許し、プレイオフ進出は来年に持ち越しとなった。

現時点で15の勝ち越し、イースタンだとホームコートアドバンテージがつく勝率で、まさかの9位でプレイオフ進出ならず。今年はチームのケミストリーも良く、NBAで一番チームワークの良いチームといっても過言ではないと思います。その証拠に、開幕6連敗した以外で連敗をしたのは1回だけで、負けを次の試合で修正することが可能なチームになってきている証拠だと思います。

最終戦、ソニックス戦有終の美を飾って欲しいです。

ほんとに、今日は「敗北」を受け入れるのに大変でした。選手たちの気持ちを考えると目頭が熱くなる思いです。

|

« 再び同率8位へ! | トップページ | 2007-2008の最後の試合 »

ウォリアーズ」カテゴリの記事

NBA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558410/48182345

この記事へのトラックバック一覧です: 激戦区の敗北者となったウォリアーズ:

« 再び同率8位へ! | トップページ | 2007-2008の最後の試合 »