« 主力不在のブルズに敗北 | トップページ | ジャクソンはヒール(悪役)だけど愛される »

2008年2月10日 (日)

見所の多かったキングス戦

M_ellis2_080210 今日のキングス戦は面白かった。何かと見所が満載でした。

何が見所かと言うと、

1.ウェバーが全盛期にいたチームだし、一緒にプレーしたチームメイト(ビビーやミラー)がいる。

2.ペイサーズ時代ダーティだったアーティストとジャクソンが違うチームでマッチアップしている。

3.昨年のMIP候補最有力候補だった二人の対決(モンティとマーティン)

一回の試合でこれだけ見れるのはかなりお得な感じがします。

まず、1のウェバーですがミラーと試合開始前にハグしたくらいで、いつもと同じ感じでした。

2のジャクソン対アーティストは凄かったです。「なるほど。さすがにアーティストはディフェンスが良いんだ!」と思わせるプレーが随所に見受けられましたが、ジャクソンもスリーを決めるなどで、引き分けかな?

3は昨年のMIPはかなり接戦で、最終的にプレイオフに出れたということでモンティが選ばれました。この試合では、モンティが大爆発しました。あわやトリプルダブルの活躍でチームの勝利に貢献しました。マーティンはあまり存在感がありませんでした。

M_ellis080210

全体としては、序盤ウォリアーズがリードで前半を終え、キングスが3Qに追いつき、最後はファールゲームになり、ウォリアーズが辛くも逃げ切った形になりました。デービスがブルズ戦に引き続き不調で、あげくのはてにはファウルアウト。デービスがこの調子で勝てたのはモンティの成長が大きく上げれられると思います。

|

« 主力不在のブルズに敗北 | トップページ | ジャクソンはヒール(悪役)だけど愛される »

ウォリアーズ」カテゴリの記事

NBA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/558410/48182466

この記事へのトラックバック一覧です: 見所の多かったキングス戦:

« 主力不在のブルズに敗北 | トップページ | ジャクソンはヒール(悪役)だけど愛される »