« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月31日 (木)

好調ホーネッツの連勝を止める!

M_ellis080131 昨日ロケッツに破れ今日ホーネッツ戦と聞いたとき、正直「連敗かな?」と思いました。

ホーネッツは現在、カンファレンス1位でクリス・ポールを中心に好調を維持してきています。しかも、ホーネッツのホームでの試合、かなり分が悪い。

今日は午前中外にいた為、試合結果は昼休みに確認した。

116-103 ウォリアーズが13点差をつけて、アウェイで勝ちました。

ウェバーは試合には出ませんでした。次のボブキャッツ戦に勝って貯金を「10」にしたいところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月30日 (水)

Goofy is back!

噂になっていたクリス・ウェバーのウォリアーズ入団が決定しました。

ウェバーとウォリアーズの間には色々因縁があり、当時ドラフト1位でオーランド・マジックに入団したウェバーは、センタープレーヤーがどうしても欲しかったウォリアーズがドラフト3位で獲得したペニー・ハーダウェイとトレードをし、ウォリアーズに入団しました。その時ウェバーはシャックとコンビを組みたかったそうです。

チームにウェバーが加わった年、チームはティム・ハーダウェイを故障で欠きながらもプレイオフに進出しました。そのチームの貢献度を評価されウェバーはルーキー・オブ・ザ・イヤーを手に入れました。

しかし、当時ヘッドコーチだったドン・ネルソンと起用方法(ウェバーはセンターをやりたくなかった)でバッティングし、両者ともウォリアーズを去ることとなりました。

私の感じるウェバーの印象は、どんなチームも彼が入ることで勝てるチームに変わることです。

このイメージがある選手は、ウェバーとジェイソン・キッドぐらいです。

ウェバーとネルソン監督、ベテラン選手と名コーチになりウェバーを取り巻く環境も大きく前とは変わっています。今はエースではなくデービスやジャクソンを支える黒子的な役割がウェバーの役割だと思います。

ウェバーのウォリアーズ復帰の映像を見るのが、今から楽しみです。

※ひとこと

GOOFYはディズニーの犬のキャラクターのあれです。ウェバーはグーフィに似ているところからそう呼ばれることもありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月28日 (月)

ビーエドリンスが快挙!26リバウンド

Biedrins080128 今日のニックス戦、とてつもない記録が生まれました。

ビーエドリンスがNBAシーズンハイの26リバウンドを奪い、チームの勝利に貢献しました。

チームのリバウンド数が48なので、半分以上ビーエドリンスがリバウンドを取った事になります。すごい!

これで、貯金10まであと1勝になりました。

レイカーズもバイナム不在で調子を落としているので、パシフィック・ディビジョン2位になる日もそう遠くないかもしれません。

※ひとこと

こんなに調子のいいウォリアーズですが、ウェスタン・カンファレンスでは8位でプレイオフギリギリのラインなんです。

ちなみにウォリアーズの勝率をイースタンのチームと比べると、イースタンで一番調子のいいマジックと大体並びます。

ウェスタン・カンファレンス恐るべし!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月25日 (金)

デービストリプルダブルでネッツに逆転勝利!

B_davis080125 ネッツをホームに迎えて行われた今日の試合は、クォータ毎にリードが変わる接戦となりました。

ミスタートリプルダブル・キッドの前でトリプルダブルを見せたデービスの率いるウォリアーズが、勝利をつかみました。

ネッツはカーターとジェファーソンが活躍しましたが、キッドが6点と大ブレーキ!連敗を止めることができませんでした。

M_ellis080125_2ウォリアーズは、デービスの他にモンティが39点と大爆発!この得点の中に3ポイントがはいってないのも興味深い。ドライブからの得点が多かったのを証明してます。

次の試合は調子が上がってきたニックス戦です。

連勝に期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月22日 (火)

こういう試合は後から響きそう

ホームでのウルブス戦、負けるはずがない場所で負けるはずのない相手に敗れてしまいました。

最後のデービスのシュートが決まり、大歓声のはずだったのですが・・・・

惜しくもリングに嫌われて万事休す。

オールスターのダンクコンテストのメンバーが発表されました。

昨年優勝のウルブスのグリーン、マジックのハワード、ラプターズのムーン、グリズリーズのゲイという顔ぶれです。

どうしてハワードが選ばれたのか不思議です。ある意味ヤオ・ミンでもいいじゃないのと思いたくなります。やっぱガードの選手を選ばなきゃ。ウォリアーズにいますよ生きが良いのがたくさん。

この4人のなかでは、ムーンに期待したいです。遅れてきたルーキーなので頑張って欲しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月21日 (月)

加藤博一氏死去

いつもと話題がかなりかけ離れてしまいますが、大好きだった元大洋ホエールズの加藤博一氏が21日肺がんで亡くなりました。

加藤選手は、私が野球好きになったきっかけを作ってくれた人です。

当時弱かったけどスピーディな試合をする大洋ホエールズに私は魅了されました。そのホエールズの2番を打っていたのが加藤選手。一番屋敷、二番博一、三番高木のスーパーカートリオが大好きでした。もちろんファミスタをするときはいつもホイールズでした。

選手を辞めても、明るい性格でお茶の間を笑わせてくれました。

今まで本当にありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月20日 (日)

バックスに勝って連勝!

A_harrington080120 昨日に引き続き、イースタンのチームとアウェイでの対戦でした。

対戦相手はバックス、1Qは27-22と追う展開となりましたが、2Q・3Qと攻め続け、リードを20点以上つけ、勝負を決定付けました。

リードが大きく開いたということもあり、モンティの代わりにCJを起用し、13ポイント(3ポイント2本)をあげ、勝利に貢献しました。また、この日は久々にビーエドリンスが20点10リバウンドとダブルダブルをあげました。

現在25勝17敗ディビジョン3位!もうすぐ貯金二桁に乗りそうです。

この調子でがんばれ!

※ひとこと

バックスに勝った今日の試合、ハリントンも大活躍したんですが、上の写真をみて足元に目が行きました。

「このシューズカッコイイ!」

でも、普段履けないな。派手すぎます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)

ロード連戦

B_davis080119 ロードでのペイサーズ戦、4Qに大逆転を許し連勝は3で終わりました。

3Qまでの得点差を見た限りでは、4連勝が見えていたのですが残念です。

今日もロードで、対戦相手はブルズ。

いまいち波に乗れないブルズ。今年は優勝候補だったんですけどね。

試合の方ですが、接戦になりました。

前半はブルズに10点近くリードされていましたが、3Qにデービスのスリーが炸裂して、3Q終了時には同点、4Qは一進一退の攻防で119-111で勝つ事ができました。

この試合でデービスが40得点をあげ、勝利に貢献しました。

※ひとこと

今日ブルズのスタメンで起用されたベテランのジョー・スミス

ドラフト1位でウォリアーズに入団し、チームが低迷期の柱でした。

ウルブズ時代が一番輝いていて、ガーネットとコンビはリーグでもトップクラスのデュオだったと思います。

今期からシクサーズからブルズに移り、ベン・ウォレスのバックアップも任されています。シュート力は今も健在です。ウォリアーズOBなので応援してます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

3連勝達成!

B_davis080116 ホームで旧友のいるペイサーズに勝ち、そして今日アウェイでウルブスに勝ちました。

久しぶりの連勝です。

同じディビジョンでレイカーズがサンズを抜いて単独首位になりました。

レイカーズが首位に立てるなら、ウォリアーズもチャンスがあるぞ!

とりあえず、オールスターまではレイカーズとこのゲーム差で行きたいです。

次の試合もペイサーズです。4連勝できるといいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月13日 (日)

ブレイザーズに大敗。グレズリーズには大勝!

M_ellis080112 今一番勢いのあるブレイザーズとの試合は、いいところ無く惨敗。ブレイザーズはどうしてあんなに強くなったのか不思議です。

マイナス要素しか思い浮かばないのですが、エースのランドロフをトレードして、期待のルーキーも今期絶望。暗い話題しかないはずなんですけど。(ランドロフをトレードに出せたのが明るい話題なのかも!)ノースウェスト・ディビジョンの単独首位に立ちました。素晴らしいです。

そのブレイザーズと全く正反対なのがグリズリーズ。

開幕からガソルが活躍できて、更にオフにはマジックからミリチッチの獲得やスペインのナバーロを獲得するなど、良い補強ができたと思うのですが、勝ち星が思うように付いてこなく苦戦を強いられています。

そのグリズリーズとの対戦ですが、序盤からウォリアーズが飛ばしまくり、最大23点差をつける攻撃を見せました。その中でモンティは前半だけで20点をあげる活躍を見せました。4Q反撃をくらいましたが、序盤の点差で勝負ありでした。

ボックススコアを見てみると、デービスが20点19アシストの活躍。モンティが27点、ジャクソンも毎試合20点を超える活躍を見せています。

グリズリーズでは、ガソル一人にやられた感じで、43点11リバウンドでした。

次は旧友のいるペイサーズ戦です。負けれません!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

2008年初勝利!

Davis_jack080108 マブス、ホーネッツと破れ開幕6連敗以降続いていた「連敗しない」記録が途絶え、迎える相手が強豪スパーズとあっては、今年初勝利もまだ先のように思っていた。

オラクル・アリーナにスパーズを迎え、ウォリアーズは青いクラシックのユニフォームで立ち向かった。

試合の方は、トニー・パーカーの同点シュートで延長に持ち込まれたが、OTにジャクソンが大活躍して、今年初勝利を強豪スパーズからもぎ取りました。

会社でこの結果を確認したんですが、思わず「Yes!」と声を出してしまい、周りのヒンシュクを買ってしまった。スパーズに勝つなんて、今年は強豪チームと比較しても遜色ないチームにレベルが上がってきてるような気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木)

デービス絶不調。マブスに大敗。

マブス相手に3連勝を目指すウォリアーズ!

しかし、デービスが別人かと思うくらい絶不調。FG2本で10点しかあげれず、ノーマークのレイアップも外す程でした。

最大24点差まで開きましたが、3Qの終盤には3点差まで追いつき、底力を見せましたが、4Qが悪かった。0-11のランをやられ、意気消沈。おかげさまでルーキーのライトとベリネッリを見ることができました。

いつもチームを引っ張っていってるデービスですが、何かあったんでしょうか?

次の試合は、調子の良いホーネッツ戦です。デービスの古巣で復活できるでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

敵地でロケッツに逆転勝利!

M_ellis080101 日本ではもう新年を向かえましたが、海の向こうではこのロケッツとの試合が今年最後の試合になりました。

この試合はスカパーで見ることができました。

前のロケッツ戦でもそうでしたが、ヤオ・ミンをアル・ハリントンが押さえ込みました。

全く仕事をさせませんでした。素晴らしい!

この試合では、ヤオとマッチアップしているハリントンがダブルダブルを達成し(16P・11R)、モンティとデービスが共に20得点を超える活躍を見せました。

2007年は、19勝13敗で6つ貯金をすることができました。ディビジョンでもレイカーズをぴったりと離れないでついていってます。いつでも2位に浮上可能です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »